アクセス解析でわかること Google Analyticsの基本と活用法

アクセス解析の外注で業務効率アップ!外注先の選び方と成功ポイント

インターネットが普及し、多くのビジネスや個人がホームページを運営するようになった現代において、アクセス解析は非常に重要なツールとなっています。

アクセス解析とは、ホームページに訪れたユーザーの行動や特性をデータとして収集し、分析することを指します。

特にGoogle Analyticsは、無料で利用できる強力なアクセス解析ツールとして広く活用されています。

アクセス解析を行うことで、どれだけのユーザーが訪問しているのか、どのページが人気なのか、ユーザーがどのような経路でサイトにたどり着いたのかといった情報がわかります。

また、Google Analyticsではユーザーの年齢や性別、地域、使用デバイスなどの属性も分析できるため、ターゲット層の特定やマーケティング戦略の見直しに役立ちます。

さらに、アクセス解析は単なる数値の把握にとどまりません。

ユーザーがサイト内でどのように動き回るのか、どのページで離脱してしまうのかを知ることで、サイトの改善点を具体的に見つけることができます。

これにより、ユーザー体験を向上させ、コンバージョン率を高めるための施策を講じることが可能となります。

今回はGoogle Analyticsを用いてアクセス解析を行うことで得られる具体的な情報について詳しく解説します。

アクセス解析の基本から、具体的な活用方法、そして効果的なレポートの作成方法までを網羅し、実践的な知識を提供します。

アクセス解析を活用することで、あなたのホームページをさらに効果的に運営し、ビジネスの成長につなげていきましょう。

目次

アクセス解析とは?

webコンサルティング事業のパソコン

アクセス解析とは、ホームページに訪れるユーザーの行動や特性をデータとして収集し、分析する手法です。

このデータ分析により、ホームページの運営者はどのページがよく見られているのか、どのページでユーザーが離れてしまうのか、どのルートを通ってユーザーがサイトにたどり着いたのなどがわかります。

アクセス解析の目的は、ユーザーの行動を理解し、ホームページのパフォーマンスを向上させるための具体的な施策を講じることです。

Google Analyticsの概要

Google Analyticsは、無料で利用できるアクセス解析ツールです。

Googleが提供するこのツールは、ホームページの訪問者に関する多岐にわたるデータを収集し、詳細なレポートを生成します。

Google Analyticsを利用することで、ユーザーがどのようなデバイスを使用しているのか、どの地域からアクセスしているのか、どのような経路でサイトに訪れたなどがあります。

一般的な企業や個人であれば、Google Analyticsを導入すればほとんど知りたいことがわかりアクセス解析ツールは十分です。

Google Analyticsを活用することで、ホームページの現状を正確にわかり、データに基づいた改善策を講じることができます。

アクセス解析を行うことで、具体的にどのようなことがわかるのかを次の章でさらに詳しく見ていきましょう。

Google Analyticsなどアクセス解析でわかること

Google Analyticsなどアクセス解析ではホームぺージにどのような属性の方が、いつ、どこから、どうやってどこのページを閲覧し、どのように回遊したのかなどがわかる分析ツールです。

さまざまな情報がわかるためマーケティングツールとしても役割も大きく、Webマーケティングだけではなく、経営に必要な情報としても有効です。

Google Analyticsではどのような項目がわかるのかを把握できるとWebマーケティングがより一層楽しくなると思います。

アクセス数の把握

アクセス数はGoogle Analayticsなどアクセス解析ツールで最も基本的な項目です。

アクセス解析を知らない人でもホームぺージのアクセス数という言葉は聞いたことがあるかたは多いかもしれません。

以下はアクセス数とひとまとめにされがちですが、切り口により別の指標になる各用語と意味です。

なお、Google Analyticsの用語に沿って解説しています。

ページビュー(表示回数)とセッション

アクセス解析を行う上で、ユーザーの行動を詳細に分析することは非常に重要です。

その中でも、ページビューとセッションは基本的な指標となります。

ページビューとは、ユーザーがホームページ内のページを閲覧した回数を指します。

1人の人が4ページ閲覧したら「4」がページビュー数になります。

また、ページビュー数は、Google Analyticsでは表示回数とも表記され、一般的にはアクセス数ともいわれます。

一方、セッションは、ユーザーがサイトを訪問してから離れるまでの一連の行動を一つのまとまりとしてカウントしたものです。

パソコンのブラウザを開き4ページ閲覧し、ブラウザを閉じた場合、セッション数は1となります。

ページビューが多いということは、多くのページが閲覧されていることを示し、サイト内のコンテンツがユーザーにとって興味深いものである可能性が高いです。

しかし、ページビューだけではユーザーがどのようにサイトを利用しているのかを完全に理解することはできません。

セッションを合わせて分析することで、ユーザーがサイトを訪問してどのような流れでページを移動しているのか、その全体像をわかります。

ユーザーの訪問数と訪問回数

アクセス解析の基本として、まず注目すべきはユーザーの訪問数と訪問回数です。

訪問数とは、ある一定期間内にホームページを訪れたユーザーの総数を指し、訪問回数とは、同じ期間内にユーザーがホームページに訪れた回数を指します。

この二つの指標を把握することで、ホームページがどれだけの人々に閲覧されているのか、またリピーターがどれだけいるのかを理解することができます。

また、表示回数(アクセス数・ページビュー数)を組み合わせるで何ページが閲覧されていたのかもわかります。

ユーザー行動の分析

経路データ

ユーザーの行動は改善点の把握やユーザーが何に興味があるのかを分析するのに重要な分析方法です。

閲覧しているページを把握して分析するだけではなく、直前にどのページを閲覧していたのか、閲覧して直帰したユーザーはどの程度いるのか、ユーザーはどのような順でページを閲覧しているのかなどを把握することでより深い改善ができるといえます。

アクセスの流入元 直前どこの外部のページを閲覧していたか(検索エンジン経由、ソーシャルメディア、直接流入)

流入元分析

アクセスの流入元を分析することも、アクセス解析の重要な要素です。

流入元とは、ユーザーがどの経路を通ってホームページに訪れたのかを示すデータであり、直前にどの外部のサイトを閲覧していたかということです。

主にgoogleなどの検索、ほかの外部サイト、ソーシャルメディア、直接流入の4つに分類されます。

googleなどの検索はオーガニック検索ともいい、ユーザーがGoogleやYahoo!、Bingなどの検索エンジンを使って自然な検索結果からサイトに訪れた場合を指します。

このデータを分析することで、どのキーワードがサイトへのアクセス数を増加させているのかがわかります。

どのようなキーワードで検索したかはGoogleサーチコンソールというツールがおすすめす。

ソーシャルメディアからの流入は、FacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャルメディアプラットフォームからの訪問を指します。

ソーシャルメディアキャンペーンの効果を測定するためには、このデータが非常に役立ちます。

最後に、直接流入は、ユーザーがブラウザのアドレスバーにURLを直接入力するか、ブックマークからサイトに訪れた場合を示します。

アクセスの流入元は、ブランドの認知度やユーザーのサイトへの信頼度を反映しています。

これらの流入元のデータを総合的に分析することで、どのチャネルが最も効果的かを判断し、マーケティング戦略の最適化に役立てることができます。

アクセス数の把握を通じて、ホームページの現状をより深く理解し、効果的な施策を打ち出すための基盤を築くことができます。

直帰率(1ページだけ閲覧してホームぺージから離脱してしまった割合)

1ページだけホームぺージを 閲覧してすぐ離脱

次に注目すべき指標は、直帰率です。

直帰率は、ユーザーが最初に訪れたページだけを見て他のページに移動せずにホームぺージを離れた割合を示します。

Google Analyticsでは探索の機能を利用すると数値を確認することができます。

直帰率が高い場合、そのページのコンテンツがユーザーの期待に応えていない可能性があります。

例えば、タイトルやメタディスクリプションが誤解を招いている場合や、ページの読み込み速度が遅い場合などが考えられます。

直帰率を下げるためには、ページの内容を改善し、ユーザーの興味を引く要素を追加することが重要です。

また、流入したコンテンツによっては、ページのコンテンツに満足して離脱してしまった可能性もあります。

そのため離脱率が高いといってもコンテンツ内容とユーザーの動向を考え判断する必要もあります。

サイト内でのユーザーの動線 

ユーザーの動線分析もアクセス解析において欠かせない要素です。

動線分析とは、ユーザーがサイト内でどのような順序でページを閲覧しているかを追跡することです。

このデータを基に、ユーザーがどのような経路たどってコンバージョン(例えば購入や問い合わせ)に至るのか、またはどのページで離脱してしまうのかがわかります。

ユーザー行動の分析を通じて、ホームページの現状を詳細に理解し、ユーザー体験を向上させるための具体的な施策を講じることができます。

これにより、ホームぺージのパフォーマンスを向上させ、最終的にはビジネスの成長につなげることができます。

ユーザー属性の把握 

ユーザー

ユーザー属性はホームぺージを改善するのに必要な項目です。

どのような方がホームぺージを閲覧してくれているのか、またスマホで閲覧しているのかパソコンで閲覧しているのかなどによって作成すべきコンテンツは変わってきます。

Google Analyticsでなどのアクセス解析で分析することでよりユーザー属性に沿ったコンテンツを提供できるようになります。

年齢、性別、地域などのデモグラフィック情報

日本地図

アクセス解析を行うことで、ユーザーの年齢や性別、地域などの情報を把握することができます。

これら情報は、ホームページのターゲットを明確にし、より効果的なマーケティング戦略を立てるために非常に重要です。

例えば、年齢層を分析することで、どの年代のユーザーが最も多く訪問しているのかを知ることができます。

これにより、コンテンツのトーンやテーマをその年代に合わせることができ、ユーザーの関心を引きやすくなります。

性別の情報も同様に重要で、男性と女性で異なる興味や関心を持つ場合が多いため、適切なアプローチを取るための基礎情報となります。

地域情報もアクセス解析において欠かせない要素です。

ユーザーがどの地域からアクセスしているのかを知ることで、地域特有のニーズやトレンドに対応したコンテンツやサービスを提供することができます。

例えば、特定の地域からのアクセスが多い場合、その地域に特化したプロモーションを行うことで、さらに多くのユーザーを引き付けることができます。

地域、国別、都道府県別、市区町村別と確認がとれます。

それぞれのビジネスに応じて最適なデータで確認するとマーケティングに役に立ちます。

使用しているデバイスとブラウザ

デバイス

アクセス解析では、ユーザーが使用しているデバイスやブラウザの情報も収集できます。

デバイスやブラウザはホームページのデザインや機能を最適化するために非常に重要です。

デスクトップパソコン、タブレット、スマートフォンなど、どのデバイスからのアクセスが多いのかを把握することで、各デバイスに適した表示や操作性を提供することができます。

例えば、スマートフォンからのアクセスが多い場合、モバイルフレンドリーなデザインを採用し、読み込み速度を最適化することが重要です。

また、特定のブラウザでのアクセスが多い場合、そのブラウザでの表示や動作がスムーズに行われるようにテストを行い、必要に応じて調整することが求められます。

最近では、スマホでもパソコンでも同じデザインで最適化されているレスポンシブデザインが当たり前になってきているのでおろそかにしがちな分析です。

特に注意したい点としては、仕事で自社のホームページを確認する場合、パソコンでばかり確認をしており、大半のアクセスを占めるスマホでの判断をおろそかにしがちです。

デバイス別でスマホからのアクセスが多い、スマホでのホームぺージの表示状況を必ず確認しましょう。

コンバージョンの追跡

コンバージョンを分析することで目的を達しているユーザーの動向を把握することができます。

コンバージョンとは?

購入完了ボタン

コンバージョンとは、ホームページ上でユーザーが問い合わせや購入などを完了することを指します。

ホームページ上のゴールに達することをコンバージョンといいます。

具体的には、商品購入、問い合わせフォームの送信、ニュースレターの登録、資料のダウンロードなどがコンバージョンの例です。

アクセス解析を行う上で、コンバージョンの追跡は非常に重要です。

サイトの最終的な目的は多くの場合、ユーザーに特定の行動を取ってもらうことだからです。

コンバージョンを追跡することで、サイトがどれだけ効果的にその目的を達成しているかを評価することができます。

目標設定とコンバージョントラッキング

Google Analyticsでコンバージョンを正確に追跡するためには、まず目標設定をする必要があります。

目標設定とは、ユーザーが達成すべき具体的なアクションのことです。

Google Analyticsでは、簡単に目標設定をすることができます。

例えば、商品購入が目標であれば、購入完了ページの表示を目標として設定します。

問い合わせフォームの送信が目標であれば、送信完了ページの表示を目標設定とすることができます。

目標設定をしたら、次にコンバージョントラッキングを行います。

これにより、設定した目標がどれだけ達成されたかをデータとして収集できます。

コンバージョントラッキングでは、ユーザーが目標に至るまでの経路も分析できます。

例えば、どのページから目標ページに移動したのか、どの広告や検索キーワードがコンバージョンにつながったのかを把握することができます。

この情報は、マーケティング戦略やサイトの改善に非常に役立ちます。

コンバージョン率の分析

コンバージョン

コンバージョン率とは、サイトを訪れたユーザーのうち、どれだけの割合が目標を達成したかを示す指標です。

例えば、100人がサイトを訪れて10人が商品を購入した場合、コンバージョン率は10%になります。

コンバージョン率の分析は、サイトのパフォーマンスを評価する上で欠かせません。

コンバージョン率が低い場合、その原因を特定し、改善策を講じることが必要です。

例えば、購入プロセスが複雑すぎる場合や、フォームの入力項目が多すぎる場合、ユーザーが途中で離脱してしまうことがあります。

また、サイトの表示速度が遅い場合も、ユーザーがストレスを感じて離れてしまうことがあります。

これらの問題を解決することで、コンバージョン率を向上させることができます。

アクセス解析を通じて、コンバージョンの追跡を行い、ユーザーがどのようにサイトを利用しているかを理解することが重要です。

これにより、サイトの改善点を見つけ出し、ユーザー体験を向上させ、最終的にはビジネスの成長につなげることができます。

コンバージョンの追跡と分析を通じて、サイトの効果的な運営を目指しましょう。

コンテンツのパフォーマンス評価

コンテンツはホームぺージの中身です。

原稿がどのようなことを書いているのか、画像や写真はわかりやすいのかなどを分析することで人気のあるコンテンツは本当にユーザーに満足されているのかなどの分析ができます。

また、Google AnalyticsのほかUser Heatなどを利用すると優れた分析ができます。

人気のあるコンテンツ

アクセス解析を通じて、どのコンテンツがユーザーに人気があるのかを把握することが重要です。

ページビュー数やユーザー数、エンゲージメント率、直帰率などのデータを分析することで、ユーザーがどのコンテンツに興味を持っているかを明確にすることができます。

人気のあるページは、多くのユーザーが訪れ、長時間滞在し、エンゲージメント率も高い傾向があります。

これらのデータを基に、他のページやコンテンツを改善したり、新しいコンテンツの制作に役立てることができます。

例えば、特定のブログ記事が多くのページビューを集めている場合、その記事がユーザーにとって有益であることがわかります。

その内容をさらに充実させたり、関連するトピックの記事を追加することで、ユーザーの興味を引き続けることができます。

また、人気のあるページのデザインやレイアウトを他のページにも適用することで、サイト全体のパフォーマンスを向上させることができます。

離脱率と改善点の特定

ヒートマップ

離脱率は、ユーザーが特定のページを最後にサイトを離れた割合を示します。

離脱率は、どのページでユーザーが離脱してしまうかがわかり、そのページの問題点を特定するために重要です。

離脱率が高いページは、ユーザーにとって魅力がない、もしくは使いにくいと感じられている可能性があります。

例えば、商品ページでの離脱率が高い場合、そのページの内容が不十分だったり、購入手続きが複雑だったりすることが考えられます。

また、反対に内容に満足して離脱している可能性もあります。

土の予定ユーザーが満足しているかは滞在時間のほか、無料でも利用できるUser Heatを利用し、どこまでユーザーが読んでいるかを判断するのが重要です。

アクセス解析やヒートマップを通じて、具体的な原因を特定し、コンテンツの改善やデザインの見直しを行うことが求められます。

これにより、ユーザーがスムーズに次のアクションに進めるようになり、離脱率の低下が期待できます。

ユーザーエンゲージメントの測定

ユーザーエンゲージメントとは、わかりやすくいうとユーザーがどれだけ積極的にホームぺージのコンテンツと関わっているかを示す指標です。

これには、ページビュー数、平均滞在時間、ページごとのセッション数、さらにはコメントやシェアの数などが含まれます。高いユーザーエンゲージメントは、コンテンツがユーザーにとって価値があり、興味深いものであることを示します。

アクセス解析を通じてユーザーエンゲージメントを測定することで、コンテンツの効果を評価し、改善点を見つけることができます。

例えば、特定のページでの滞在時間が長い場合、そのページのコンテンツがユーザーを引き付けていると判断できます。

その成功要因を他のページにも応用することで、全体的なエンゲージメントの向上を図ることができます。

コンテンツのパフォーマンス評価を通じて、ユーザーがどのようにコンテンツと関わっているかを理解し、改善点を見つけ出すことができます。

これにより、サイト全体の質を高め、ユーザー体験を向上させることができるでしょう。

アクセス解析を活用して、継続的にコンテンツを改善し、ユーザーにとって有益で魅力的なホームページに改善してくことが重要です。

Google Analyticsの探索

Google Analyticsはレポート機能を閲覧すればおおよそのデータは把握できますが、自由には分析しにくいです。

そこでGoogle Analyticsの探索機能を利用することで自由なデータ分析ができ、アクセス解析でできることがより一層深くなります。

探索の作成方法

アクセス解析を効果的に活用するためには、探索の作成が非常に重要です。

探索とは、自分のビジネスやホームページの特定のニーズに合わせて、必要なデータを組み合わせて作成するレポートのことです。

これにより、一般的なレポートでは見逃されがちな詳細なインサイトを得ることができます。

探索のポイントは自由に自分が分析したい内容を分析できるということです。

探索を作成するためには、まずGoogle Analyticsの管理画面にアクセスし、「探索」を選択します。

次に、レポートの名前を設定し、含めたい指標やディメンションを選びます。

指標は、測定したい数値データ(例えばページビューやセッション数)を指し、ディメンションはそのデータを分類するカテゴリ(例えば地域やデバイス)を意味します。

これにより、特定の指標がどのようなディメンションでどのように変動しているかを詳細に分析することができます。

例えば、特定のキャンペーンがどの地域で最も効果的であったかを知りたい場合、地域をディメンションとして選び、コンバージョン率やセッション数などの指標を追加します。

これにより、地域ごとのキャンペーンのパフォーマンスを一目で比較することができます。

探索は、自分のビジネス目標やホームページの特性に合わせて柔軟に設定できるため、非常に強力なツールとなります。

探索を使いこなすとGoogle Analyticsをより一層深く使いこなすことができアクセス解析のレベルがあがります。

アクセス解析でわかること Google Analyticsの基本と活用法のまとめ

アクセス解析は、ホームページの運営において極めて重要なツールです。

これまでに解説してきたように、アクセス解析を通じてユーザーの訪問状況、行動パターン、属性、コンバージョンの追跡、コンテンツのパフォーマンス評価など、多くの貴重なデータを得ることができます。

これらのデータを分析し、理解することで、ホームページの改善点を明確にし、より効果的な運営を実現することができます。

特に、アクセス解析は一度行って終わりではなく、継続的な解析と改善のサイクルが重要です。

定期的にデータを見直し、新しいトレンドやユーザーの行動変化に対応することで、常に最適なユーザー体験を提供し続けることができます。

アクセス解析を継続的に行うことで、ホームページのパフォーマンスを向上させ、ビジネスの成長につなげることができます。

私たちミゴエイトでは、Google analyticsを中心にアクセス解析の分析業務を実施しています。

BtoB、BtoC問わず、アクセス解析でデータ分析を分析、問題点の把握、改善策の立案を実施しています。

また、実際に改善作業までも実施でき、お役に立てると思います。

ご興味ある方はミゴエイトのコンサルティング実績Webコンサルティング事業についてご確認ください。

コラムに共感いただけたらシェアお願い致します
目次
閉じる