アクセス解析の外注で業務効率アップ!外注先の選び方と成功ポイント

アクセス解析の外注で業務効率アップ!外注先の選び方と成功ポイント

企業が自社のホームぺージを分析するときにはアクセス解析が欠かせません。

しかし、内部リソースの限界や専門知識の不足から、アクセス解析業務を外注する企業が増えています。

アクセス解析を利用した分析業務を外注するメリット、外注先の選び方、プロセス、そして費用について詳しく解説します。

さらに、成功のポイントとなる長期的なパートナーシップの重要性や、明確な目標設定の方法について解説しており、アクセス解析を利用した分析業務の外注を検討している担当者様は必読です。

目次

アクセス解析の分析業務の外注が重要な理由

アクセス解析は、企業のウェブサイトやオンライン活動のパフォーマンスを評価し、改善するための重要な手段です。

しかし、すべての企業が内部でアクセス解析を行うためのリソースや専門知識を持っているわけではありません。

そこで、アクセス解析の分析を外注することが重要です。

アクセスデータに基づくホームぺージの意思決定の必要性

現代のビジネス環境では、データに基づいた意思決定が成功のポイントとなっています。

ホームぺージにおいてアクセス解析を通じて得られるデータは、多くの面で企業のWeb戦略の意思決定を支援します。

例えば、見込み客行動の理解です。

わかりやすい例では、ホームぺージに訪問してきたユーザーがどのサイトから流入し、どのページを閲覧し、最終的にお問い合わせを行ったのかなどの行動を把握することで顧客ニーズを深く知ることができます。

また、広告などのプロモーションやマーケティングの効果測定にもアクセス解析は必要不可欠です。

データに基づいたアプローチを利用することで、企業は感覚や勘に頼ることなく、具体的な数値に基づいて判断を下すことができます。

社内リソースの限界と本業へのリソース集中

多くの企業にとって、社内でアクセス解析を行うには大きな負担が伴います。

特に中小企業やスタートアップでは、専門的な知識やリソースが不足している場合が多いです。

そのため、アクセス解析を用いたサイトの分析は外注化するのが一般的にで成功のポイントです。

外注化することで本業にリソースを割くことができ、時間とコストの削減につながります。

特に、アクセス解析はのハウがないとデータの収集、整理、分析に時間がかかる作業です。

外注することで、これらの作業にかかる時間を節約し、社内リソースを他の重要な業務に集中させることができます。

また、私たちのようなアクセス解析のデータに基づいてサイトをリニューアルするような企業では、データの分析を深く行うためにアクセス解析以外にもさまざまなツールを利用し分析します。

アクセス解析で利用することの多いデータ取得方法としては、google analyticsが一般的ですが、googleサーチコンソールやヒートマップやさまざまなキーワード分析ツールなどを駆使し、多角的に分析を行います。

また、分析を行っている経験数も多いため、気づきも多く、数値の違和感に気づきやすく深掘りすることでサイトの問題点の表面化ができます。

社内リソースの限界を認識し、効率的に業務を進めるためには、アクセス解析の外注が有効な手段となります。

これにより、企業は専門家の知見を最大限に活用し、ビジネスの成長を加速させることができるのです。

客観的な視点でのホームぺージの分析

外部の専門家によるアクセス解析には、客観的な視点が加わり、これが大きな意味があります。

具体的にはバイアスの排除があります。

社内でアクセス解析を行う場合、どうしてもバイアスがかかることがあります。

また、社内で分析を行う場合、ホームぺージ運営担当者とアクセス解析担当者は同じ型が担当されることが多いです。

一方で、私たちのような外部担当者は客観的な視点からデータを分析し、公平な結果を提供します。

良くも悪くも社内のWeb担当者が丹精込めて育ててきたサイトを自分自身で分析するとよいデータを抽出し報告しがちになってしまいます。

また、社内で分析を長期的に行ってきた場合、対策の限界が訪れることがあります。

一方で、分析業務を外注することで新しい視点の提供が可能になります。

外注業者は多くの企業のアクセス解析を手がけており、様々な業界やマーケットでの経験を持っています。

これにより、自社では気づかない新しい視点やアイデアを提供してくれる可能性があります。

アクセス解析を外注することで、専門知識と最新ツールの活用、コスト削減とROIの向上、そして客観的な視点での分析などなど多くのメリットを享受することができます。

私たちはさまざまなアクセス解析に基づく分析サービスを提供しています。詳しくは以下をご確認ください。

アクセス解析の分析業務外注化を成功させるための注意点

アクセス解析の分析業務を外注することで、企業はデータを活用してより効果的なWeb戦略を立てることができます。

しかし、外注に依頼し、成功させるためにはいくつかの注意点があります。

アクセス解析の分析業務を外注化する際の注意点と成功のポイントです。

長期的なパートナーシップの重要性

アクセス解析の分析業務の外注化を成功させるためには、外注先との長期的なパートナーシップが重要です。

短期的な分析の場合、クライアントのウェブサイトの理解や業務理解が浅く分析がしきれないことがあります。

また、長期的に分析を繰り返すことでウェブサイトの方向性も理解が深まりほり深掘りが可能になります。

PDCAをぐるぐると回すことで、継続的なサイトの改善ができ長期的なパートナーシップを築くことで可能になります。

定期的な報告とフィードバックを通じて、データに基づいた戦略を柔軟に見直し、最適化することができます

データ分析の目標と成果を明確にする

アクセス解析の分析業務を外注する際には、明確な目標と成果を設定することが成功のポイントとなります。

具体的な目標設定を立てることが重要です。

この目標設定は企業側で外れててもよいので、考える必要があります。

アクセス解析の目的を明確にすることで、外注先とのコミュニケーションがスムーズになり、具体的な戦略を立てることができます。

例えば、「訪問者数を〇%増やす」「コンバージョン率を〇%にしたい」といった具体的な目標を設定しましょう。

その目標に対し、私たちではKPIをたて分析を行っていきます。

分析の結果、改善点が浮き彫りになってくるため、実際に改善を行い、再度成果の測定を行います。

設定した目標に対して、どのような成果が得られたかを定期的に評価します。

具体的なKPIを設定し、それに基づいて進捗を確認することで、評価がしやすいとともに市場の変化や新たな課題に対して、迅速にWeb戦略を見直し、最適なアプローチを取ることができます。

アクセス解析の分析業務の外注先選びに迷ったらミゴエイト

アクセス解析の分析業務を外注することで、データに基づいた効果的なWeb戦略を実行することが可能になります。

私たちミゴエイトでは、アクセス解析の分析業務を承っています。

分析業務は大きく2種類あり、すでに分析項目が決まっており、作業を外注化するパターンとWebコンサルティング的要素を含んだ外注パターンです。

どちらのパターンでも実績や経験が私たちには豊富にあります。

まずはアクセス解析の分析業務の外注化をご検討されているかたはお気軽にご連絡ください。

見積や行うべき内容を私たちよりご提示させていただきます。

コラムに共感いただけたらシェアお願い致します
目次
閉じる