ホームページの改善方法 ステップから理解する改善ポイント

ホームページの改善方法 ステップから理解する改善ポイント

ホームページの改善は、企業の成長と顧客満足度向上に不可欠です。

しかしながら、ホームページを改善しなければならいと危機感はありながら具体的に何から改善したらよいのかが思いつかないことも多いと思います。

具体的にどのようにホームページを改善したらよいのかをステップを通じて解説していきます。

目次

ホームぺージの改善ステップ概要

ホームぺージを改善するためのステップ

企業がホームページを効果的に改善するための具体的な方法は大筋以下の通りに行えば成功します。

まず、アクセス解析などを活用した現状分析を行いどこに問題があるのかを把握します。

続いて、現状分析に基づき、仮説を立て定性的な分析で深堀を行います。

その後改善策を立案し、最後に改善策に基づきホームぺージを改善します。

ステップ1:ホームページの現状分析

ホームページを改善するためには、まず現在の状態を正確に把握することが重要です。

現状分析を行うことで、どこをどのように改善すれば良いかが明確になります。

以下では、アクセス解析ツールとユーザーフィードバックを活用した現状分析の方法について説明します。

アクセス解析ツールの活用

データ分析

アクセス解析ツールは、ホームページの訪問者数や訪問者の行動を詳しく分析するためのツールです。

代表的なアクセス解析ツールには、Google Analyticsがあります。

また、googleを通じてどのようなキーワードでサイトに流入したのかを分析するにはgoogleサーチコンソールが有効です。

Google Analyticsを活用することで、例えば以下のような情報を取得できます。

  • ユーザー数: ホームページに何人が訪れているかを把握できます。
  • ページビュー数: 訪問者がどのページをどれだけ見ているかが分かります。
  • 滞在時間: 訪問者が各ページにどれだけの時間を費やしているかを確認できます。
  • 直帰率: 訪問者が最初のページだけ見てすぐに離脱してしまう割合を示します。
  • コンバージョン率: 訪問者が実際に問い合わせをしたり、商品を購入したりする割合を測定します。

例えば、直帰率が高いページがあれば、そのページのコンテンツやデザインを見直す必要があるかもしれません。

Google Analytics4であっても直帰率は抽出することができ、ユーザーが内容に満足して直帰したのか、それとも「このページは違う」と感じて直帰したのかなどの判断ができます。

また、ランディングページと呼ばれる外部から流入し、最初に閲覧したページでユーザー数が多いにも関わらず、全体の閲覧ページ数では伸びていない場合、集客力はあるがサイト全体ではニーズにこたえられていないコンテンツまたは、ニーズはあるのに導線が悪く閲覧されていないコンテンツなど仮説が立てられます。

上記は例ですが、これら全体を分析を行い、仮説立てて深堀するとホームぺージ改善の第一歩となります。

デザインとユーザビリティの向上

ホームページのデザインとユーザビリティ(使いやすさ)は、訪問者が快適にサイトを利用し、目的を達成できるかどうかに直結します。

アクセス解析で何かしら問題があるページに対し、デザインとユーザビリティ面から考えてみます。

直感的なナビゲーション設計

直感的なナビゲーション設計は、訪問者が目的の情報に素早くアクセスできるようにするための重要な要素です。

訪問者が迷わずに必要な情報にたどり着けるようにするためにはいくつかポイントがあります。

  • 明確なメニューバー: ホームページの上部に、主要なページへのリンクを含むメニューバーを配置します。メニュー項目はシンプルでわかりやすい言葉を使い、訪問者がどこに何があるのかすぐに理解できるようにします。
  • パンくずリスト: 各ページにパンくずリストを設置し、訪問者が現在の位置を把握しやすくします。これにより、サイト内を効率的に移動することができます。
  • 検索機能の強化: サイト内検索機能を充実させ、訪問者が特定の情報を素早く見つけられるようにします。検索結果が見やすく、関連性の高い情報が上位に表示されるように工夫します。
  • リンクの明確化: クリック可能なリンクは、色やスタイルで他のテキストと明確に区別し、訪問者がリンクを認識しやすくします。また、リンク先がどのような内容であるかを簡潔に説明することで、クリック率を向上させます。

上記の例は非常にオーソドックスな例であり実際はより複雑で深堀をしていくことをおすすめします。

ただし、例えば本来閲覧してほしいページがアクセス解析では閲覧されていないということであればメニューバーの並び替えを行い、左側やスマホであれば上部などにリンクを設置するだけでも効果があります。

直感的なナビゲーションを提供することで、訪問者がストレスなくサイトを利用できるようになり、目的の情報に迅速にアクセスできるようになります。

これにより、訪問者の満足度が向上し、再訪率やコンバージョン率の向上が期待できます。

デザインとユーザビリティの向上は、訪問者がホームページを快適に利用し、企業のメッセージや製品・サービスを効果的に伝えるための基盤となります。

改善策の立案

ホームぺージの改善のための事前準備であるアクセス解析や定性的なデザインやユーザビリティの改題を発見した次に具体的な改善案の立案です。

以下ではコンテンツを意識したパータンに絞り込み改善策の考え方を記述しています。

コンテンツの質を高める

ホームページの成功には、質の高いコンテンツが欠かせません。

ホームぺージのアクセス数はある程度あるのに問い合わせや購入につながらないというのはコンテンツに問題があるかもしれません。

その場合、コンテンツを改善し、訪問者にとって価値のある情報を提供し、検索エンジンでの評価を高めることで、より多くの人に見てもらえるようになると考えられます。

ユーザーに価値を提供するコンテンツの作成、SEO対策を意識した記事構成、定期的なコンテンツの更新などが重要です。

ユーザーに価値を提供するコンテンツ作成

ユーザーに価値を提供するコンテンツとは、訪問者が知りたい情報や解決したい問題に応える内容のことです。

問題がありそうなページを読んでみて、訪問しているユーザーにとって価値があるコンテンツか今一度確認してましょう。

担当者にとって自分自身で作成したコンテンツを改めて読み返し、問題があるかと疑ってみるのは行いにくいものです。

そのため、社内の第三者や外部者に委託しコンテンツの判断を行ってもらうこともおすすめです。

SEO対策を意識したコンテンツ構成

ホームぺージの改善の必要性を感じているときにそもそものアクセス数が少ないということも考えられるパターンです。

その場合、コンテンツをユーザーだけではなく、googleにもわかりやすく再構成してあげる必要性があります。

検索エンジン最適化(SEO)を意識した記事構成は、検索結果で上位に表示されるために重要です。

以下のポイントを取り入れて改善策を構成しましょう。

  • キーワードの調査: ユーザーが検索するキーワードを調査し、それを記事のタイトルや本文に自然に組み込むようにします。ただし、過剰なキーワードの使用は避け、自然な文章を心がけます。
  • 見出しと小見出しの活用: 記事を見やすく整理するために、見出し(H1タグ)や小見出し(H2タグ、H3タグ)を適切に使います。これにより、検索エンジンが記事の構造を理解しやすくなり、ユーザーも読みやすくなります。
  • 内部リンクと外部リンク: 記事内に他の関連ページへのリンクを設置し、訪問者が関連情報にアクセスしやすくします。また、信頼性のある外部サイトへのリンクも活用し、コンテンツの信頼性を高めます。

上記ポイントはSEOを意識したコンテンツの基礎の基礎になります。

そのため、ホームページを改善したいという場合、SEO対策ができているかを考えなくても上記内容は意識して取り組むことが必要です。

定期的なコンテンツの更新

ホームぺージの改善は短期的なものではありません。

コンテンツの質を保つためには、定期的な更新が必要です。

新しい情報を追加し、既存の情報を最新の状態に保つことで、訪問者に常に価値のある情報を提供できます。

質の高いコンテンツを提供し続けることで、訪問者の信頼を得て、サイトの評価を高めることができます。

ユーザーにとって価値のある情報を提供し、SEO対策をしっかりと行い、定期的にコンテンツを更新することで、ホームページの改善が成功に繋がるでしょう。

SEO対策の強化

ホームぺージを改善するにあたりよくあるパターンとしてはそもそものアクセス数が獲得できていないため、問い合わせや購入につながらないというパターンです。

アクセス数を増やす方法は、広告やOMO、SNSの活用などもありますが、短期的な改善を目指す場合、SEO対策を行うことで十分対策がとれます。

ホームページの検索エンジン最適化(SEO)は、検索結果で上位に表示されるための重要な要素です。

SEO対策を強化することで、より多くの訪問者を引きつけ、問い合わせや購入につげることができます。

SEOに絞り込みキーワードリサーチと適用、内部リンクと外部リンクの最適化、メタタグとディスクリプションの改善について説明します。

SEO対策としては、上記もしている「SEO対策を意識したコンテンツ構成」のほか、メタタグやディスクリプションの構成なども必要です。

ホームぺージ改善のため、SEO対策を強化することで、googleの検索結果の順位を上げ、より多くの訪問者を獲得することができます。

地道ですが、SEO対策のためのホームぺージ改善は比較的効果が出やすい項目だといえます。

そのほかのホームぺージ改善方法

ホームぺージ改善方法は、コンテンツの修正や定性的なデザイン・ユーザビリティの修正、SEO対策だけではありません。

当然、ホームページ1つ1つに課題があり、対策案があります。

改善案の立案は私たちの得意とする分野でWebコンサルティング業界の中でも経験やノウハウが必要な部分です。

私たちであればアクセス解析から課題を発見し、定性的に落とし込みを行い、具体的な改善案立案までご提案することができます。

継続的な改善とモニタリング

ホームぺージの改善は一度の改善だけでは終わりではありません。

継続的な改善とモニタリングが重要です。

常にPDCAサイクルを回し、アクセス解析でデータを分析し、訪問者のニーズに応え続けることが必要です。

定期的なサイトチェックの実施

ホームぺージの改善には定期的なサイトの状況チェックが必要です。

また、ホームぺージの改善のためではなく、日々の状況確認としては、アクセス解析などを用いてサイトの状況チェックは必須だといえます。

定期的なサイトチェックは、ホームページのパフォーマンスやユーザビリティを評価し、改善点を見つけるための重要な方法です。

定期的なサイトチェックを実施することで、ホームページの問題点や改善点を早期に発見できます。

訪問者に常に最適な体験を提供し続けることができ、お問い合わせや購入数の増加がねらえます。

サイトチェックの頻度は、少なくとも四半期に一度、可能であれば毎月行うことをお勧めします。

継続的な改善を行うことで、ホームページの品質を維持し、競争力を高めましょう。

専門家の力を借りる

ホームページの改善には、専門家の力を借りることも重要です。

自社内で対応できない高度な技術や最新の知識を持つ専門家に相談することで、より効果的な改善が可能になります。

Webコンサルティングの活用と専門的な改善提案の導入について説明します。

私たちのような専門家のWebコンサルティングの活用

Webコンサルティングとは、専門のコンサルタントが企業のWeb戦略をサポートするサービスです。

Webコンサルティングを活用することで、専門的な知識や最新のトレンドに基づいたアドバイスを受けることができます。

ホームぺージの改善を行うにあたり、アクセス解析の判断がつかない場合、スポットでもよいので依頼してみることをおすすめします。

現状分析と改題の特性はもちろんのこと、戦略的なアドバイスや必要に応じて具体的なホームぺージの改善改修まで行うことができます。

専門家の力を借りることで、自社だけでは達成しにくい高度な改善を実現できます。

Webコンサルティングの活用と専門的な改善提案の導入により、ホームページのパフォーマンスを最大限に引き出し、問い合わせ数の増加や売上の増加いつなげましょう。

私たちミゴエイトではアクセス解析のデータに基づきホームページの改善やリニューアルを得意としています。

まずはお問い合わせいただければアクセス解析から何かしら改善提案ができると思いますので、お気軽にお問い合わせください。

コラムに共感いただけたらシェアお願い致します
目次
閉じる