【初心者向け】Amazon出店成功への道 出店準備から販売管理、マーケティング戦略までのガイド

Amazonへの出店は、オンラインビジネスを拡大し、世界中のお客様に商品を販売するための手段です。

しかし、amazonで商品を販売するまでには事前の申し込みや商品登録やプロモーションなどの準備が不可欠です。

今回は初めてAmazonに出店したい方向けに出店からその後のマーケティングまでの全体感をまとめています。

目次

Amazonで商品販売するまでの大まかな流れ

amaozn出店から販売までの流れ

Amazonでの販売を開始するために必要なステップと重要なポイントはいくつかあります。

まずはAmazon内でアカウントを作成し出品プランを決めます。

その後、個人情報、法人情報などを入力し、店舗名や銀行口座情報を入力します。

その後商品登録を完了させるとAmaoznで販売が開始されます。

そのため、企業であれば法人情報、個人で個人の情報の登録銀行口座やクレジットカードの用意も必須です。

これらの準備が整わないと、アカウント作成や販売活動に支障をきたします。

また、企業の場合など企業名の英語表記を事前に確認しておく必要もあります。

また、個人法人情報の登録が完了すると商品情報の登録を行います。

これから始める方も既に出店を検討している方も、このガイドを参考にして、しっかりとした準備を整え、スムーズにAmazonでのビジネスをスタートさせましょう。

Amazon出店のメリットとデメリット

Amazonに出店を検討されている法人個人の方は他のモールなどにも出店を検討されている方も多いと思います。

AmazonにはAmazonのメリットデメリットがあり理解しておくと後から比較的抵抗なく始めることができると思います。

メリット

  1. 広範な顧客基盤:Amazonは世界中で利用されており、何百万もの潜在顧客に商品を販売することができます。これは、小規模なビジネスが短期間で成長するための大きなチャンスです。
  2. 信頼性とブランド力:Amazonは信頼性の高いプラットフォームであり、お客様からの信頼を得やすいです。新規顧客がAmazonで購入する際、ブランドの信頼性が増すため、売上の増加が期待できます。
  3. 多様な販売ツール:Amazonは、広告キャンペーンやデータ分析ツールなど、多様な販売促進ツールを提供しています。これにより、マーケティング戦略を効果的に実施することが可能です。

デメリット

  1. 競争の激しさAmazonは多くの店舗が出店しているため、競争が非常に激しいです。他の店舗との差別化を図るためには、価格競争や独自の価値提案が必要です。
  2. 手数料とコストAmazonには販売手数料やFBA(Fulfillment by Amazon)の利用料金など、様々なコストがかかります。これらの費用を考慮した価格設定が求められます。
  3. プラットフォーム依存:Amazonの規約変更や独特の管理画面やサポート体制など、Amazon独自ルールがあります。そのため、可能であればリスクヘッジで自社サイトや他の販売チャネルも併用することが推奨されます。

個人法人情報の登録に必要な準備と事前に確認すべき事項

Amazonへの出店を成功させるためには、事前の準備と確認が不可欠です。

以下の事項をしっかりと確認し、準備を整えましょう。

個人や法人の各種情報

amazon企業情報

まず、Amazonに出店申し込みを行う場合「Amazonで販売を開始する」のページから申し込みを行います。

ここで個人や法人の情報を入力していきます。

個人の情報や企業の情報、法人であれば代表者(責任者)の情報などを事前に準備しておきましょう。

銀行口座とクレジットカード

amazonクレジットカード情報

次に、ビジネス用の銀行口座とクレジットカードを準備しましょう。

Amaoznは基本的には売上から各種手数料を差し引いた額を特定の銀行口座に振り込んでもらえます。

しかしながら、商品が売れず広告費だけがかかった、固定費が発生した場合などはクレジットカードから引き落としが発生します。

そのため、Amazonセラーアカウントの登録にクレジットカードが必要になります。

Amazonセラーアカウントの作成

セラーセントラルamazonnアカウント作成画面

Amazonでの販売を開始するための第一歩は、セラーアカウントを作成することです。

セラーアカウントとは、Amazonで消費者として買い物を行うアカウントではなく、商品を販売するためのアカウントです。

Amazonセラーアカウントを作成することで、商品の登録、在庫管理、注文処理、お客様対応、広告キャンペーンの実施など、ビジネス運営に必要な全ての機能にアクセスできるようになります。

セラーアカウントには、小口出品と大口出品の2種類があり、それぞれのニーズに応じて選択することができます。

まずは取り急ぎアカウントを作成すれば次に進めます。

なお、下記で詳しく解説しますが、小口出品は小規模な販売者に適しており、販売手数料は売れた商品ごとに課されます。

費用としては商品ごと100円+手数料かかります。

一方、大口出品は月額料金も月額4,900円かかってきますが、多くの高度な機能やツールにアクセスできるため、大規模な販売者や長期的にビジネスを拡大したい方に適しています。

アカウント作成の手順は比較的シンプルですが、正確な情報を提供することが重要です。

基本情報の入力や身分証明書の提出、銀行口座の登録など、いくつかのステップを踏む必要があります。

これにより、Amazonはあなたのビジネスを確認し、安全な取引環境を維持することができます。

以下でセラーアカウントの種類とその選び方、具体的な登録手順について詳しく解説します。

初めての方でも安心してアカウント作成を進められるよう、ステップごとにわかりやすく説明していきます。

これから始まるAmazonでのビジネスの成功に向けて、しっかりと準備を整えましょう。

セラーアカウントの種類

Amazonでの販売を開始するにあたり、セラーアカウントの種類を理解し、自分に最適なアカウントを選ぶことが重要です。

Amazonでは、主に2つのセラーアカウントを提供しています。

小口出品と大口出品です。

それぞれのアカウントには異なる特徴とメリットがあり、ビジネスの規模や目標に応じて適切な選択を行うことが求められます。

Amazon 出品プランと料金

プラン

プラン 対象 月額基本料金 販売手数料
大口出品 プロフェッショナルセラー 4,900円 (税込) 販売価格の8%~15%
小口出品 個人セラー 0円 販売価格の8%~15% + 100円

概要

項目 説明
商品登録数 大口出品:無制限
小口出品:49点まで
利用できるサービス 大口出品:フルフィルメント by Amazon, 注文管理, 売上分析ツールなど
小口出品:基本的な出品と注文管理
広告オプション 大口出品:利用可能
小口出品:利用不可

販売手数料

Amazonでは販売手数料が発生し、売れたら売れた分だけ手数料が発生します。

手数料は商品のカテゴリにより異なり、代表的なものとしては、以下が手数料として発生します。

カテゴリーごとの販売手数料

カテゴリー 販売手数料
家電 8%
本・コミック 15%
おもちゃ 10%
ファッション 15%
食品 8%~10%
家具・インテリア 15%
雑貨 8%~15%
ペット用品 8%~15%
スポーツ用品 10%
ビューティー 8%~10%
DIY・工具 15%

なお、料金表はより細分化されているため、詳しくは、Amazon内のカテゴリーごとの販売手数料を参照してください。

Amazonの小口出品

小口出品は、比較的小規模なビジネスや販売を始めたばかりの店舗に適しています。

このアカウントの主な特徴は、月額料金がかからない代わり商品を販売するごとに100円+販売手数料が発生します。

販売手数料は小口も大口も同じ割合で発生します。

特徴とメリット

  • 月額料金なし:売れた商品ごとに手数料がかかるため、初期費用を抑えられる
  • 適しているビジネス:少量の商品を販売する個人や、販売をテストしたい場合に最適。

小口出品は、少量の在庫でビジネスを試してみたい方や、販売数が少ない場合に適しています。

ただし、大口出品に比べると、利用できるツールや機能が制限されているため、ビジネスが成長した際にはアップグレードを検討する必要があります。

Amazonの大口出品

大口出品は、大規模な販売者やビジネスを本格的に拡大したい店舗向けのアカウントです。

このアカウントは月額料金が設定されていますが、個別販売ごとの100円の販売手数料はかかりません。

一方で月額4,900円の費用が発生します。

大口出品を使用することで、様々な高度なツールや機能にアクセスでき、ビジネス運営がより効率的になります。

特徴とメリット

  • 月額料金月額固定料金がかかるが、販売する商品ごとに100円の手数料は発生しない。
  • 高度な機能:広告キャンペーンの管理、詳細な販売レポート、APIアクセスなど、ビジネスの成長を支援する多くのツールが利用可能。
  • 大量販売に最適:多くの商品を扱い、頻繁に販売を行う場合にコスト効率が良い。

大口出品は、Amazonでの販売を主な収入源としているビジネスや、販売量が多い企業にとって最適な選択です。

より多くのお客様にリーチし、売上を最大化するためのリソースが提供されるため、ビジネスの成長を強力にサポートします。

これらのセラーアカウントの種類を理解し、自分のビジネスに最適なアカウントを選ぶことで、Amazonでの販売を効果的にスタートすることができます。

Amazonのアカウント登録手順

Amazonセラーアカウントの作成は、いくつかの簡単なステップに従うことで完了します。

このプロセスを理解しておくことで、スムーズにアカウントを作成し、迅速に販売活動を開始することができます。

以下に、基本情報の入力、身分証明書の提出、銀行口座の登録といった主要な手順を詳しく説明します。

基本情報の入力

まず、Amazonセラーセントラルにアクセスし、アカウント作成ページに進みます。

あなたのビジネスに関する基本情報を入力する必要があります。具体的には、以下の情報を入力します。

  • 氏名:アカウント所有者のフルネーム。
  • メールアドレス:連絡先として使用する有効なメールアドレス。
  • パスワード:セラーセントラルにログインするためのパスワード。
  • 会社名:ビジネス名(個人での登録の場合は個人名でも可)。

この情報を正確に入力することで、アカウントの登録がスムーズに進みます。

注意したい点としては、アメリカの企業らしく、住所の入力順がアメリカ式に逆から入力を求められたり、氏名も先に名前を入力してから苗字を入力するなど癖があるため注意が必要です。

身分証明書の提出

基本情報の入力が完了したら、次に身分証明書を提出するステップがあります。

これは、Amazonがセラーの身元を確認し、安全で信頼性の高い取引環境を維持するために必要です。

  • 身分証明書:運転免許証、パスポート、またはマイナンバーカードなどの政府発行の身分証明書。
  • 住所証明書:公共料金の請求書や銀行取引明細書など、最近の住所証明書。

これらの書類をスキャンしてアップロードすることで、Amazonの審査チームが確認を行います。

審査が完了すると、アカウントの設定が次のステップに進むことができます。

銀行口座の登録

最後に、売上の振り込み先となる銀行口座を登録します。

この手続きは、あなたが販売した商品の売上を受け取るために不可欠です。

  • 銀行名:使用している銀行の名称。
  • 支店名:口座が開設されている支店の名称。
  • 口座番号:銀行口座の番号。
  • 口座名義:口座名義人の名前(ビジネス名義の場合はビジネス名)。

銀行口座情報の入力が完了し、正確に登録されると、アカウントの作成手続きは完了です。

これにより、あなたのビジネスがAmazonのプラットフォーム上で販売を開始する準備が整います。

これらのステップを順に進めることで、Amazonセラーアカウントの作成が完了し、スムーズに販売活動を開始することができます。

正確な情報の提供と必要書類の提出を忘れずに行いましょう。

出店後の管理と運営

EC運営に大切なこと

Amazonへの出店を成功させるためには、初期の準備だけでなく、出店後の管理と運営が極めて重要です。

販売を開始した後も、継続的な在庫管理、注文管理、お客様対応、そしてマーケティング活動など、様々な運営業務が求められます。

これらの業務を効率的に行うことで、顧客満足度を高め、ビジネスの成長を促進することができます。

出店後の管理と運営に必要な具体的な方法を把握することでAmazon出店のイメージがわくと思います。

正しい管理と運営の方法を学び、実践することで、Amazonでの販売を持続的に成長させることができるでしょう。

在庫管理

在庫管理は、Amazonでの販売活動をスムーズに進めるための基本です。

適切な在庫管理を行うことで、商品の欠品や過剰在庫を防ぎ、お客様に安定して商品を提供することができます。

Amazonでは、売れる商品は検索結果の上位に表示され、さらに売れるというスパイラルが発生します。

そのため、在庫は常に管理し、販売が維持できる状況を確保する必要があります。

注文管理と商品発送

商品登録が完了し、しばらくの期間が経過するとついに注文が入ると思います。

注文が入った後の注文管理と商品発送は、顧客満足度を左右する重要な流れです。

注文が入ったら迅速かつ正確に処理し、商品発送まで行うことが求められます。

なお、商品の発送は店舗自身で行う「自社発送」方法か、Amazonにすべて代理で行ってもらう「FBA」という方法の2種類があります。

主な比較内容としては以下の通りです。

項目 自社発送 FBA (Fulfillment by Amazon)
在庫管理 自社で管理 Amazonが管理
発送 自社で発送 Amazonが発送
配送速度 自社の配送能力による Amazonの高速配送ネットワークを利用
カスタマーサービス 自社で対応 Amazonが対応
送料 自社で設定 Amazonの送料規定に準拠
手数料 比較的低い FBA手数料が発生
返品処理 自社で対応 Amazonが対応
プライムマーク なし あり
顧客満足度 自社のサービス次第 Amazonの高いサービス基準

自社発送

自己発送は、店舗が自ら商品の保管、梱包、発送を行う方法です。

この方法は、コストを抑えたい場合や、お客様へ独自のブランド体験を提供したい場合に適しています。

自社発送を行う際は、梱包資材の準備や配送業者との契約、発送スケジュールの管理など、多くの手間がかかります。

しかし、発送プロセスを自社で管理することで、お客様に対して柔軟な対応が可能となり、ブランドの一貫性を保つことができます。

適切な在庫管理と効率的な発送体制を整えることが重要です。

また、コストも抑えることができるため、手間はかかりますが利益が上がりやすい方法だといえます。

FBA(Fulfillment by Amazon)

FBA(Fulfillment by Amazon)は、Amazonが提供するフルフィルメントサービスです。

店舗は商品をAmazonの倉庫に預け、Amazonが保管、梱包、発送、カスタマーサービスを代行します。

FBAを利用することで、店舗は発送業務から解放され、本来のビジネスに集中することができます。

さらに、FBAを利用することで、商品がプライム対応となり、プライム会員への販売が促進されるため、売上の向上が期待できます。

FBAの利用には手数料がかかりますが、その分のメリットも大きいです。

利益率が高い商品や本業に集中したい場合は検討をおすすめします。

お客様対応(カスタマーサービス)の重要性

お客様対応(カスタマーサービス)は、顧客満足度を高め、リピーターを増やすために不可欠な要素です。

お客様からの問い合わせやクレームに迅速かつ丁寧に対応することで、信頼を築くことができます。

良質なカスタマーサービスを提供するためには、専用のサポートチームを設置し、お客様対応のマニュアルを整備することが重要です。

少人数で行う場合も商品についての問い合わせはある程度共通しているため、社内で共有し、返信内容をテンプレート化しておくことでお客様とのやり取りの工数を減らすことができます。

また、レビュー管理やフィードバックの収集を通じて、お客様の声をビジネスに反映し、サービスの改善を図ることも大切です。

お客様とのコミュニケーションを大切にし、長期的な関係を築くことで、持続的なビジネスの成長を実現しましょう。

Amazonのマーケティングとプロモーション

amazonads

Amazonでの販売を成功させるためには、効果的なマーケティングとプロモーション戦略が不可欠です。

優れた商品を持っているだけでは不十分であり、適切なお客様に商品を知ってもらうための積極的な取り組みが必要です。

広告キャンペーンでは、スポンサープロダクト広告やスポンサーブランド広告を活用することで、商品の露出を増やし、潜在的なお客様にリーチすることができます。

商品ページへのアクセスが増加し、売上の向上が期待されます。

特にスポンサープロダクト広告は費用対効果が比較的あいやすく、積極的に利用できる広告です。

さらに、セールやキャンペーンを効果的に活用することで、一時的な売上の増加を図ることができます。

特に、季節ごとのセールや特定のイベントに合わせたプロモーションを計画しすることで売り上げの向上が見込めます。

Amazon内広告の活用

Amazon内の広告の活用は、商品を効果的に露出し、売上を増加させるための重要な手段です。

Amazonは、店舗が商品をより多くのお客様に見てもらうための様々な広告を提供しています。

商品ページへのアクセス数を増やし、売上を伸ばすことができます。

項目 スポンサープロダクト広告 スポンサーブランド広告
表示位置 検索結果ページ、商品詳細ページ 検索結果ページの上部、横部、下部
目的 個々の商品を宣伝 ブランド全体や複数の商品を宣伝
広告フォーマット 個々の商品リスト ブランドロゴ、カスタム見出し、複数の商品
クリック単価 PPC(クリック課金) PPC(クリック課金)
ターゲティングオプション キーワード、商品、カテゴリ キーワード、カテゴリ
クリエイティブ制御 限定的 高い(ロゴ、見出し、商品選択)
適用範囲 単一の商品や新商品 ブランド全体、シリーズ商品
カスタマイズオプション 少ない 多い(クリエイティブ、リンク先)
ブランド認知度向上 限定的 高い

以下では、特に効果的な広告手法であるスポンサープロダクト広告とスポンサーブランド広告について詳しく説明します。

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は、Amazon内で特定の商品をPRするための広告形式です。

検索結果ページや商品詳細ページに表示され、ターゲットとなるキーワードに基づいて表示されます。

スポンサープロダクト広告を利用することで、商品が目立つ位置に表示され、お客様の目に留まりやすくなります。

Amazonの広告の中では最も費用対効果があいやすくおすすめの広告です。

  • 高い露出:検索結果ページの上部や商品の詳細ページに表示されるため、高い露出が期待できます。
  • ターゲティング:特定のキーワードや商品カテゴリーに基づいて広告をターゲティングできるため、関連性の高いお客様にリーチできます。
  • 費用対効果:クリック課金制(CPC)のため、広告費用を効果的に管理できます。

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は、ブランド全体を告知するための広告形式です。

Amazonの検索結果ページの上部に表示され、複数の商品やブランドのロゴを一度にアピールできます。

スポンサーブランド広告を利用することで、ブランド認知度を高め、複数の商品を一括してプロモートすることができます。

  • ブランド認知度の向上:ブランドロゴと複数の商品を一度に表示することで、ブランド全体の認知度を高められます。
  • カスタマイズ可能:広告クリエイティブをカスタマイズできるため、ブランドのメッセージを効果的に伝えることができます。
  • 高いクリック率:検索結果ページの最上部に表示されるため、目立ちやすく、クリック率が高いです。

Amazonのセールやキャンペーンの計画

セールやキャンペーンの計画は、特定の期間における売上を大幅に増加させるための効果的な手法です。

季節ごとのセールやイベントに合わせたプロモーションを実施することで、多くのお客様の関心を引き、売上を向上させることができます。

  • タイミング:ブラックフライデーやクリスマスなどの特定のイベントに合わせてセールを計画します。
  • 割引率:適切な割引率を設定することで、お客様にとって魅力的なオファーを提供できます。

商品レビューの取得と管理

商品レビューの取得と管理は、Amazonでの売上向上は必要です。

高評価のレビューは、商品の信頼性を高め、新規顧客の購入を促進します。

レビューを効果的に管理するためには、以下の戦略を実行することが重要です。

  • レビューの促進:購入後のフォローアップメールを通じて、お客様にレビューを依頼します。レビューを書いてくれたお客様には感謝の意を伝えましょう。
  • ネガティブレビューへの対応:ネガティブなレビューにも迅速かつ丁寧に対応し、問題解決に努めます。これにより、お客様の信頼を取り戻すことができます。
  • フィードバックの活用:お客様のフィードバックをもとに、商品やサービスの改善点を特定し、継続的に品質向上を図ります。

これらのマーケティングとプロモーション戦略を効果的に活用することで、Amazonでの販売活動を最大限に活かし、売上の向上を目指せます。

データ分析と改善

Amazonでの販売を成功させるためには、データ分析と継続的な改善が不可欠です。

販売データやお客様の行動データを収集し、これを詳細に分析することで、ビジネスの現状を把握し、改善点を特定することができます。

データ分析を通じて得られる洞察は、マーケティング戦略の最適化や在庫管理の効率化、顧客満足度の向上など、多岐にわたるビジネスの改善に役立ちます。

Amazonは、店舗がこれらのデータを効果的に活用できるよう、ビジネスレポート機能など提供しています。

セールスデータの分析

セールスデータの分析は、Amazonでの販売活動を最適化するための基本的なステップです。

セラーセントラルのビジネスレポートでは、ダッシュボードやビジネスレポートなど、詳細なデータを提供しています。

これらのデータを定期的に確認し、売上のトレンドや季節ごとの変動、商品ごとの売上を把握することが重要です。

継続的な改善と最適化

継続的な改善と最適化は、Amazonでの販売を成功させるためのポイントです。

データ分析とパフォーマンス指標の確認を基に、以下のような具体的な改善策が必要になってきます。

  • 商品ページの最適化:商品の説明文や画像、キーワードを定期的に見直し、SEO(検索エンジン最適化)を強化します。これにより、検索結果での表示順位を上げ、より多くのお客様にリーチできます。
  • 広告キャンペーンの調整:広告のパフォーマンスデータを分析し、効果の高いキーワードやターゲットを見つけ、広告予算の配分を最適化します。また、季節やイベントに合わせたキャンペーンを計画し、売上を最大化します。
  • 顧客フィードバックの活用:お客様のレビューやフィードバックを積極的に収集し、商品やサービスの改善に活かします。特に、ネガティブなレビューに対しては迅速に対応し、問題点を解決することで、顧客満足度を向上させます。

継続的な改善を実施することで、ビジネスのパフォーマンスを高め、競争力を維持することができます。

データに基づく意思決定と迅速な対応を心がけ、Amazonでの販売を成功に導きましょう。

Amazon出店をご検討いただいているのであれば

Amazonでの販売を成功させるためには、入念な準備と戦略的な運営が不可欠です。

まず、事前の企業や個人の情報集めを行い適切なセラーアカウントを選ぶことから始めます。

次に、在庫管理や注文管理、発送プロセスの効率化を図り、FBAの活用や自己発送の選択肢を検討します。

顧客満足度を高めるためには、優れたカスタマーサービスと効果的なレビュー管理が重要です。

さらに、Amazon内広告の活用やセール、キャンペーンの計画を通じて、商品の認知度を高め、売上を最大化します。

データ分析とパフォーマンス指標の確認を通じてビジネスの現状を把握し、継続的な改善と最適化を行うことで、競争力を維持します。

マーケティング戦略を適切に実行し、顧客のニーズに応えることで、持続的な成長を実現しましょう。

これらのステップは、一般の企業や個人でも可能ですが、覚えることが多く、初めてAmazonに出店する方には難しいこともあります。

私たちでは、Amazonコンサルティングを提供しており、初めての出店から全てをサポートいたします。

当社に任せていただければ、ほとんど何もしなくても、Amazonでの販売を開始することが可能です。

私たちの強みは、出店後の改善や売上向上にあります。

広告やデータ分析による対策案の立案を行い、継続的なサポートを提供します。

競争の激しいAmazon市場で成功するための確実なサポートをお約束します。

コラムに共感いただけたらシェアお願い致します
目次
閉じる