「Yahoo!ショッピングで売れない」を解決!売上アップのための実践ガイド

「Yahoo!ショッピングで売れない」を解決!
売上アップのための実践ガイド

Yahoo!ショッピングは楽天市場やamaoznと比較すると売りにくいともいわれているECモールです。

Yahoo!ショッピングが売れない理由と、楽天市場やAmazonが売れる理由にはいくつかの要因が考えられます。ここではそれぞれのプラットフォームの特徴があり、Yahoo!ショッピングでは独自の対策も必要になってきます。

目次

Yahoo!ショッピングと楽天市場、amazonと比較するとYahoo!ショッピングは競合が多い

Yahoo!ショッピングは楽天市場、Amazonと比較すると残念ながら一歩遅れたイメージがありますが、日本における三大オンラインショッピングプラットフォームです。

Yahoo!ショッピングは出店店舗数や登録されている商品数において顕著な違いがあります。

Yahoo!ショッピングは約120万店舗出店されているのに対し、楽天市場は約5万~6万店舗の間のためめ、20倍程度の出店店舗数の差があります。

これは楽天市場は初期費用や月額必要がかかるのに対し、Yahoo!ショッピングは初期費用や月額費用が掛からないため出店店舗数に大きな開きがあるといえます。

そのためYahoo!ショッピングでは出店こそ簡単にできるもののしっかりと手を入れて育てていかないと売上が上がらない店舗だといえます。

これらのプラットフォームはそれぞれ異なる特性を持ち、出店店舗数や商品数に大きな違いがあります。

Yahoo!ショッピングは出店しやすい環境を、楽天市場は広範囲な商品と強力な顧客ロイヤリティを、Amazonは高度な物流システムと大規模な商品群を提供しています。

各プラットフォームの特性を理解し、ビジネスのニーズや戦略に応じて適切なプラットフォームを選択することが重要です。

Yahoo!ショッピング

  • 出店店舗数: Yahoo!ショッピングは手数料無料の政策を採用していることから、小規模から中規模の多くの店舗が出店しやすい環境が整っています。その結果、出店店舗数は120万店舗と非常に多いが、それぞれの店舗の知名度や商品数にはばらつきがあります。
  • 登録商品数: 商品数は広範囲にわたりますが、他のモール型ECサイトに比べると商品一つ一つの露出が低く感じられることもあります。これは、モール型ECサイト全体の検索システムやユーザーインタフェースの違いに起因することがあります。

楽天市場

  • 出店店舗数: 楽天市場は日本最大のモール型ECサイトであり、多くの大手から中小の店舗まで幅広く存在します。楽天市場の店舗はしばしば独自の顧客基盤を持つため、強いロイヤリティを持つことが多いです。
  • 登録商品数: 楽天市場には膨大な数の商品が登録されており、その種類も多岐にわたります。楽天はまた、楽天ポイントという独自のロイヤルティプログラムを通じて、消費者の継続的な利用を促進しています。

Amazon

  • 出店店舗数: Amazonは国内外の多くのブランドや小売業者が参入しており、その数は増加し続けています。Amazonは独自の物流システム(FBA)を通じて、小規模ながら全国規模での販売を望む出店者にとって魅力的な選択肢を提供しています。
  • 登録商品数: Amazonは極めて多くの商品が登録されており、特に書籍、電子機器、日用品が豊富です。また、Amazonプライムなどのサービスを通じて、迅速な配送が可能であり、これが商品の販売促進に一役買っています。

Yahoo!ショッピングで売っていくためには市場の理解とターゲット顧客の特定が必要

Yahoo!ショッピングで成功を収めるためには、まず市場を深く理解し、自社の商品やサービスが訴求するべきターゲット顧客を特定することが極めて重要です。

ここでは、そのプロセスを詳細に解説します。

市場の傾向と需要の分析

市場の傾向を把握することで、どの商品が需要があるのか、どのようなプロモーションが効果的かを見極めることができます。

市場調査を行い、消費者の購買行動、競合他社の動向、業界のトレンドを分析します。

たとえば、季節に応じた商品の人気の変動や、最新の消費者ニーズを把握することが、適切な商品選定とストック管理に直結します。

また、ターゲット顧客を特定するには、顧客セグメント化が有効です。

年齢、性別、居住地、趣味・関心、購買力など、さまざまなデータを基に顧客層を分類します。

ターゲットのセグメントは最終的にはペルソナという購入してもらう方をイメージさせるところまで落とし込みます。

これは楽天市場やamazonでもいえることですが、Yahoo!ショッピングでは、商品数が多いため、すぐに競合の商品に埋もれていってしまいます。

そのため、ターゲットをより絞り込みニーズの細かい細分化を行うことでピンポイントにほしい方に伝わる商品や商品の見せ方になります。

細かい顧客のニーズに応じた商品提供

ターゲット顧客が明確になったら、そのニーズに合わせて商品をカスタマイズまたは選定します。

顧客が価値を感じるポイントを理解し、それを商品のPRや説明文に活かすことが重要です。

特に記載する場所がポイントです。

Yahoo!ショッピングにはキャッチコピー、ひと言コメント、商品情報、商品説明、PC用フリースペース1、PC用フリースペース2、PC用フリースペース3、スマートフォン用フリースペースと商品情報を掲載できる箇所が多数あるのが特徴です。

そのうちより重要になってくるのが、キャッチコピー」と「商品情報です。

ここにSEO対策となるキーワードや商品の詳細情報を掲載することでユーザーをひきつけやすくなります。

また、顧客が解決したい問題や達成したい目標をその他商品説明やフリースペースでカバーするようにします。

型番商品などは価格勝負になりがちですが、オリジナル商品であれば上記で設定したペルソナに対してささるためにはどうしたらよいのかということを徹底的に考えるのがYahoo!ショッピングで成功するポイントだといえます。

Yahoo!ショッピングの商品ページの最適化の秘訣

Yahoo!ショッピングでの売上向上には、商品ページの最適化が不可欠です。

特に、魅力的な商品写真と説明文、そしてSEO対策は、顧客の購入決定に直接影響します。

ここでは、これらの要素を最大限に活用する方法を解説します。

魅力的な商品写真の重要性

商品を購入する際、画像情報は購入判断に大きな影響を与えます。

高品質でプロらしい商品写真は、商品の魅力を伝え、顧客の信頼を得るのに効果的です。

  • 明るさとクリアさ:商品が明るく、細部までクリアに見える写真を使用してください。
  • 角度とバリエーション:複数の角度からの写真を提供し、顧客が商品を全方位から見られるようにします。色やサイズのバリエーションも表示すると良いでしょう。
  • 環境とスタイリング:商品を使用している様子や、ライフスタイルに溶け込む姿を写真にすると、顧客の購入意欲を高めます。

また、Yahoo!ショッピングでも2023年7月から画像に対して、商品画像登録ガイドライン適合判定が入るようになりました。

そのため、昔のECサイトのようなゴリゴリの商品画像は検索結果の順位低下を招くため、一定のルールの中で運用する必要があります。

運用ルールについては、「商品画像登録ガイドライン適合判定の結果を確認する」を確認してみてください。

効果的な説明文の作成

説明文は商品の特徴だけでなく、その利点や顧客が得られる価値も明確に伝えるべきです。

具体的には以下のポイントに注意しましょう。

  • 具体性と説得力:商品の具体的な特徴、利用シーン、利益を詳細に記述します。
  • クリアな構造:説明文は読みやすく、情報が探しやすい構造にすることが重要です。箇条書きや小見出しを用いると良いでしょう。
  • 説得力のある言葉選び:顧客の感情に訴えかける言葉を使い、商品の魅力を強調します。

上記でも解説していますが、Yahoo!ショッピング内の検索順位の影響が大きいのはキャッチコピーと商品情報です。

ここに以下に適切なキーワードを入れページとして魅せるのかがポイントです。

Yahoo!ショッピングのプロモーション戦略 クーポンとPRオプションとストアマッチで見込み客を引き寄せる

Yahoo!ショッピングでの売上を増加させるためには、クーポンとPRオプションとストアマッチの活用が不可欠です。

商品によりほかのプロモーションも有効ですが、共通して利用できるプロモーション企画としてはクーポンとPRオプションとストアマッチだと考えています。

効果的なクーポンの使い方

クーポンは顧客に直接的な価値を提供し、即時の購買促進につながります。

クーポンの効果的な使い方は以下の通りです。

  • 定期的にクーポンを発行する:商品属性によりますが、定期的にクーポンをかけることで認知度の向上と検索上CTRが上がりやすくなり効果を発揮します。
  • 期間限定や先着〇名などの機能を利用する:Yahoo!ショッピングのクーポンは細かい設定が可能で「利用開始日時/利用終了日時」や「全ユーザーの利用可能回数」の機能を利用することで限定感を出すことができます。
  • 売上が上がる期間に発行する:Yahoo!ショッピングは「5のつく日」などは何もしなくても売上が上がりやすい日です。この日に合わせてクーポンを仕掛けることでより売上が上がりやすくなります。

PRオプションの戦略的活用

PRオプションはYahoo!ショッピング独自の機能で、PRオプションを率を高くすることでYahoo!ショッピング内の検索順位が上位表示され購入されやすくなるという機能です。

PRオプションの率は商品が売れることで初めてYahoo!側に支払うプロモーション費用です。

ポイントとしては、他店舗も同じようにPRオプション率を調整しているため、細かい調整を行い他社に負けないPRオプション率を設定することです。

PRオプションは少数第一位まで設定できるため商品ごと細かい設定が可能であれば調整することをおすすめします。

また、商品カテゴリ別の平均PRオプションも公開されているため、状況にあわせて設定してみてください。

ストアマッチ広告をフル活用

roas

Yahoo!ショッピングでの販売促進において、広告は非常に強力なツールはストアマッチ広告です。

効果的にストアマッチ広告を利用することで、商品の露出を増やし、結果として売上を向上させることが可能です。

ROASは1,000%超えることも運用次第で可能です。

画像は私たちの実績でストアマッチのROASの月別データです。

費用対効果高くROASをストアマッチ広告を運用することでYahoo!ショッピングで売り上げを上げることができます。

関連商品

Yahoo!ショッピングでは、以下に自分の店舗にユーザーをとどめ遷移させるかがポイントです。

見込み客を自店舗内で回遊してもらうためには細かい設定が必要です。

その一つに商品登録時に行える「関連商品情報」をきっりちを設定するという点があげられます。

関連商品情報は設定に手間がかかりおろそかになりがちですが、最大件数設定することで商品ページ内に自社商品を掲載できるため、自社商品内で見込み客が比較検討しやすくなり購入につながりやすくなります。

このようなこまめな設定がYahoo!ショッピングでは売上に響いてきます。

Yahoo!ショッピングで売れない時の対処法:何を試してもダメなら?

Yahoo!ショッピングでの売上が伸び悩んでいる場合、根本的な問題点を仮設立てて見つけてはつぶし、見つけてはつぶしを繰り返し対処することが必要です。

もし改善を繰り返し実行しても売上が伸びない場合は、外部の意見や専門的なアドバイスが、状況を打開するための鍵となることもあります。

自力での改善が難しい時はプロに相談

Yahoo!ショッピングでの売上向上を試みても成果が見えない場合、専門家の助けを借りるのが賢明な選択です。

私たちは、多くの企業がオンラインでの販売を最適化し、成果を出すための支援を提供しています。

私たちのサポートサービス、さらには無料相談の案内についてご説明します。

お問い合わせ方法と無料相談の案内

さらなる情報が必要な場合や、具体的な支援をご希望の方は、私たちのホームページからご連絡ください。

初めてのお客様には無料で相談を提供しておりますので、この機会にぜひお問い合わせください。

また、Yahoo!ショッピングに特化したECコンサルティングプランもご用意しています。

自力での改善が難しい場合は、プロフェッショナルなサポートを利用することで、目指す成果を早期に実現できる可能性が高まります。

私たちは、お客様のYahoo!ショッピングが次のステップへと進むためのお手伝いを全力で行います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる